読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かっぱのポイント道!

お得にポイントやクーポン・航空マイルを貯め飛行機に乗ったりホテルに泊まったりしています。日々様々なポイント獲得方法を模索しています。

AMEXのポイント メンバーシップリワードプラス・ポイントフリーダムについての有り得ない話

             

ポイントフリーダム

f:id:kappanopointodo:20170410194752p:plain

今回はアメリカン・エキスプレス・カードのポイントシステムの一つ、ポイントフリーダムについてのちょっとした話です。

AMEXのポイントは2017年4月までは年間3000円+税のメンバーシップリワードプラスに加入すれば、対象の航空会社へ1ポイント=1マイルで交換出来ました。

残念ながら本年4月以降は1ポイント=0.8マイルへと改悪されてしまいましたが・・。

そんな訳で基本的にはAMEXのポイントは「各社提携のマイルに交換」が価値的に言ってもベストだった訳です。

しかしその他の選択肢として「ポイントフリーダム」もと言うのが有ります。カードの利用明細ごとにポイントを充当して支払える仕組みです。

カードのご利用内容 換算レート
航空会社でご利用いただいた場合 1ポイント=1.0円
(最少使用可能ポイント:3,000ポイント)
ホテル・旅行代理店などの加盟店でご利用いただいた場合 1ポイント=0.8
(最少使用可能ポイント:3,000ポイント)
旅行関連以外でご利用いただいた場合 1ポイント=0.5円
(最少使用可能ポイント:3,000ポイント)

*いずれもメンバーシップリワードプラス加入時のレートです。

航空券の購入で1ポイント=1円で充当出来ますね。これはSFC修行・JGC修行の観点からするとちょっと魅力です。マイル利用じゃステータス獲得に必要なプレミアムポイント(PP)やフライオンポイント(FOP)は貯まりませんしね。

AMEXポイントからANAマイル→ANAスカイコインのルートでは可能ですが年間上限8万マイル、年を跨いで16万マイル×1.6=256000コイン。上限は有りますがこの分はANA・SFC修行に充てられます。

と言う事で全部マイルにした方がお得なのは重々承知なのですが当方にも色々と諸事情有りまして・・貯まっていたAMEXのポイントを少し航空券代に充てる事に致しました、が・・。

締め日直前~数日前の手続きだと充当した分が繰越に

 本来で有れば支払いに充当したポイントは当月に処理されて例えば「航空券代金10万円分」を10万ポイントで充当していた場合、翌月の支払いは0円となります。

所が、どうやらAMEXの仕様上締め日前にポイント充当をしても処理が間に合わず翌月の請求が確定してしまう場合が有りまして。

正確な数字は分かりませんが締め日から「一週間程度前」は処理が間に合わない事が有る様です。

その場合は一旦「現金10万円」は口座から引き落とし日に引き落としとなりますので「ポイント充当したし、支払いは無い」と思っていてうっかり口座の現金不足にならない様注意が必要です。

充当した10万円分のポイントはAMEX特有の事前入金制度と同じ感じで、お金がプールされた形となり翌月以降の支払いと相殺される形になります。通常で有ればこの処理でも事実上は損しませんので良いのですが・・。

実は私事では有りますがちょっと問題が有りまして、カードの更新時期が近く年会費が発生する為AMEXゴールドは解約予定だったんですよね。

なので日常の決済も公共料金等も他に移してしまっており「10万円分慌てて何かに使わないといけない」と言う事態に・・。

プールされたポイントフリーダム分を残したまま解約してしまうとどうなる?

そう言う訳でAMEXゴールドデスクに色々と問い合わせました。

私「・・・これこれこう言う訳でポイント充当分が繰越してしまったんですがこの状態で解約するとどうなりますか?」

答え

・ポイント充当は取り消し不可でポイントには戻せない

・ポイント充当による繰越金は現金等で返還も不可。その状態で解約した場合は消滅。

以前、事前入金制度を利用し余った残額分を銀行口座に返還して頂いた事が有るのですがこのパターンの場合は残念ながら無理な様ですね。

流石に繰越分を消滅させる訳にもいかないんで、急遽色々買い物してポイント充当分は消化して年会費発生のタイミング迄には解約出来る様に処理しました。

まあ仕方がないですね。

しかしこの件でやり取りしている内、他に別の疑問が湧いて来ました・・。

 

 ポイント充当した航空券をキャンセルしたらどうなるの?

はい実はこっからが本題と言いますか・・。

飛行機の予約ってだいぶ先までの予定とか有ったりしますよね。

予定の変更や行けなくなってキャンセルとかまあ普通に有り得るんじゃないかなと思います。オープンチケットなんてのも有る様ですし。

通常クレジットカードで決済した分は所定の払い戻し手数料、プレミアム旅割や旅割75なんかは搭乗前日数よって取り消し手数料を支払ってクレジットカードに返金されます。

払い戻しの際、航空券・料金券1枚(1区間)につき430円を申し受けます。
ただし以下の航空券は、復路または乗り継ぎ区間を同時に払い戻しする場合、1組(2区間)につき430円を申し受けます。

・ビジネスきっぷ
・シャトル往復割引
・乗継旅割
・乗継特割
・特定便乗継割引

例えば ANAの場合、取り消し手数料の掛からない運賃で有れば1区間430円だそうです。まあ普通運賃とかですね。

前述の通りポイントフリーダムで一回処理してしまった場合ポイントはAMEXの仕様上元に戻せない訳です。

航空券代金10万円分はポイントで充当済みですよね。

で、ご事情有って航空券をキャンセルすると10万円(多少手数料は掛かりますが)航空会社から返金されます。

通常のクレジットカード決済で有れば単に手数料だけ損、付与されるポイントなんかも取り消しに成りますので別段何が有る訳でも得する訳でも無いです。損するだけです。

しかし例に上げたこの場合は本来相殺される債務は既にポイントで充当されて無くなってますので、返金された場合上記の「ポイントフリーダムの処理が間に合わない場合」と同じ様にプールされた形に成るとの事です。

 

で、返金された以降の通常の支払いと相殺されると・・て事は・・あれ・・。

 

 本来ポイントフリーダムは航空券やホテル代金等特定の利用以外は1ポイント=0.5円のレートですが、上記の様な場合AMEXの仕様上「ポイントに戻せない」為に1ポイント=1円のレートで「通常の支払い」に事実上充てられてしまう事に成りますね。(+払い戻し手数料)

ただの妄想です

有り得ないですけど、例えばAMEXのポイントを200万ポイント持ってる人が居るとするじゃないですか。有り得ないですけどね。

でその方が200万円とかするファーストクラスの予約・購入しポイントフリーダムで充当。で突然の事故・病気等でやむなくキャンセルとなったとします。

その場合は上述の様に返金・プールされて通常の決済分も200万円分の繰越金として使えちゃう事になります。

本来なら200万ポイントの通常利用充当分は1ポイント=0.5円の100万円相当ですからこれはデカいですよね。

 まあ200万円払ってファーストクラスに乗るつもりの人ならそれこそ航空マイルに変えてるはずなのでやっぱり有り得ない仮定ですね。

そもそも200万ポイントとか持ってる人なんて居ないですよね。

2億円分の決済ですから、超お金持ちで無い限り通常は有り得ないです。

今回AMEXの仕様で「ポイントフリーダムの処理が間に合わない」事をきっかけに、なんだか色々と妄想してしまいました。

ポイントの処理についてデスクの方に聞いた事と航空券のキャンセル手数料・あるいは返金までの時間とかあくまでも自分は未経験です。ただの妄想・推測ですのでその点ご理解下さい。

因みにキャンセルで戻った繰越金が有る状態でカードを解約した場合(もしくは既に解約していた)の処理については聞くのを忘れました。

ので分かりません。

事前入金分は返金可能」と「ポイント充当分の繰越金は返金不可」どっち側の扱いなんでしょうかね。

まあ有り得ない話ですのでどっちでも良いんですけどね。

 

以上アメリカン・エキスプレス・カード、ポイントフリーダムについての有り得ない話でした。