読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かっぱのポイント道!

お得にポイントやクーポン・航空マイルを貯め飛行機に乗ったりホテルに泊まったりしています。日々様々なポイント獲得方法を模索しています。

ANA・SFC修行~2 オールプレミアム旅割28・二泊三日プレミアムクラスでお腹いっぱいの旅

             

全てプレミアム旅割28で予約

ANA・SFC修行第二弾として1/10日~1/12日、二泊三日の日程で修行して来ました。

今回の修行プランは「効率よく有る程度まとまったプレミアムポイント(PP)をGETする」と言うのが目的として有りました。

そこで浮上するのはやはり「プレミアム旅割28」を使ったプランとなります。

プレミアム旅割28」はANA国内線の「プレミアムクラス」をお得に予約出来る割引運賃です。

f:id:kappanopointodo:20170113180154p:plain

SFC修行においては金銭面のコスト(PP単価)にこだわるか、有る程度の快適さや日程・時間効率も考慮した選択の2パターン有るかと思います。

 

プレミアムポイントには購入した航空券の運賃体系によって「積算率」と言うのが有ります。

プレミアム旅割28」は積算率125%のプレミアムポイントや搭乗ポイントとして400ポイントが得られ、コスト重視のSFC修行に有用な運賃「旅割75」や「乗継旅割」の積算率75%より遥かに効率良くプレミアムポイントが貯まります。

最初は随分とややこしいなと思いましたが下記の公式サイトで対象の路線と運賃種別等を入力して獲得プレミアムポイントを計算してくれます。

慣れてしまえば簡単。

後は実際に購入した航空券代金を獲得プレミアムポイントで割ればPP単価(1プレミアムポイントあたり何円掛かるか)が算出出来ると言う訳です。

SFC獲得には50000PPが必要になりますのでご自身の予算、又は時間的都合を考えて計画する事になります。

ANA SKY WEB : ANAフライトマイル・プレミアムポイントシミュレーション

まあ金銭的コストを取るか若干費用が上がっても快適さや時間効率を取るかですね。

今回はSFC修行においてのプレミアムクラス搭乗のメリット・デメリットも考察したいと思います。

f:id:kappanopointodo:20170114205148p:plain

計8レグ 総費用139280円 獲得プレミアムポイント 20472ポイント PP単価6.8円

*PP計算はANAステイタス無し ANAカード ゴールド保有前提の計算です。

搭乗日便名区間クラス運賃運賃額(税込)運賃適用基準日
2017年01月10日(火) ANA1693 札幌(千歳) - 沖縄(那覇) プレミアムクラス プレミアム旅割28 ¥32,200- 2016年10月29日(土)
2017年01月10日(火) ANA1214 沖縄(那覇) - 福岡 プレミアムクラス プレミアム旅割28 ¥10,800- 2016年10月29日(土)
2017年01月11日(水) ANA1203 福岡 - 沖縄(那覇) プレミアムクラス プレミアム旅割28 ¥10,800- 2016年10月29日(土)
合計金額クレジットカード支払いANA SKYコイン現金ご利用券
¥53,800- ¥0- ¥53,800- ¥0- ¥0-

 

2017年01月11日(水) ANA2158 沖縄(那覇) - 東京(成田) プレミアムクラス プレミアム旅割28 ¥15,840- 2016年10月29日(土)
2017年01月11日(水) ANA2159 東京(成田) - 沖縄(那覇) プレミアムクラス プレミアム旅割28 ¥15,840- 2016年10月29日(土)
2017年01月12日(木) ANA1694 沖縄(那覇) - 札幌(千歳) プレミアムクラス プレミアム旅割28 ¥32,200- 2016年10月29日(土)
合計金額クレジットカード支払いANA SKYコイン現金ご利用券
¥63,880- ¥0- ¥63,880- ¥0- ¥0-

 

2017年01月12日(木) ANA1200 沖縄(那覇) - 福岡 プレミアムクラス プレミアム旅割28 ¥10,800- 2016年11月12日(土)
2017年01月12日(木) ANA1205 福岡 - 沖縄(那覇) プレミアムクラス プレミアム旅割28 ¥10,800- 2016年11月12日(土)
合計金額クレジットカード支払いANA SKYコイン現金ご利用券
¥21,600- ¥0- ¥21,600- ¥0- ¥0

こちらが今回の修行の日程です。昨年2016年は色々とマイル系ブログを拝見させて頂いて勉強しました。その結果「初プレミアムクラスSFC修行」の日程がこんな感じとなりました。

まず先にトータルの費用とPP単価を。

航空券代金139200円 獲得プレミアムポイント20472ポイント PP単価は約6.8円となりました。

f:id:kappanopointodo:20170113224750p:plain

*旅行前累計4438ポイント

何だかPP単価もそんなに悪く無いですね。次にそれぞれの路線別PP単価や予約に至る経緯なんかを。

新千歳ー那覇

プレミアム旅割を使ったPP獲得しては羽田~那覇の単純往復、又は羽田~那覇~新千歳~羽田の所謂「三角飛び」が定番のようでした。

那覇~新千歳間はPP単価的に特別良い訳では有りませんがプレミアムクラス国内最長距離路線になりまして一気にPPを獲得出来る路線です。

私は札幌在住ですのでここは「プレミアムクラス初体験は絶対に新千歳~那覇」と決めました。

しかし・・いかんせん便数が・・

新千歳ー那覇 10:40発 14:30着

那覇ー新千歳 13:05発 16:15着

これしか有りません。つまり単純日帰り往復は無理って事ですね。じゃ沖縄観光でもして一泊して・・って事になります。

が・・予約時当初は色々と意気込んでたのか「一往復じゃつまらないかな」と思い始めまして。

そこで「二泊位して行き帰りは新千歳ー那覇。間に色々と詰め込むか」となりました。

初日と最終日

新千歳ー那覇 航空券代金32200円 獲得プレミアムポイント3892ポイント PP単価約8.27円 一往復で7784ポイント獲得。

那覇ー成田

この路線も昨年勉強して「PP単価・PP獲得効率も優秀な路線」と認識していました。

そこで今回の修行に当てはめると・・。

二日目

那覇ー成田 11:55発 14:20着

成田ー那覇 18:15発 21:30着(那覇宿泊)

これなら一日で往復可能ですね。空港での待機時間が約4時間と長いですが・・。

ただPP単価的にかなりお得な為、この旅程を二日目に入れました。

那覇ー成田 航空券代金15840円 獲得プレミアムポイント2860ポイント PP単価約5.54円 一往復で5720ポイント獲得。

あれ・・?何かめっちゃPP単価良いっすね(笑)

那覇ー福岡

さて上記2つの日程でも初日に沖縄観光をし翌日は那覇ー成田往復。最終日に新千歳空港へ帰る。観光を含めた沖縄二泊で充分な修行かと思います。

が・・またしても誘惑が・・

かっぱちゃんさー君、修行するんだよね?修行?日程余裕有りすぎじゃない?それって修行なのかな?^^

・・ですよねー!。

じゃあここに修行日程を入れるとなると・・確か那覇ー福岡もプレミアムクラスがお得だった・・はず!

初日 那覇ー福岡 18:50発 20:30着(福岡宿泊) 

二日目 福岡ー那覇 9:10発 10:55着

最終日 那覇ー福岡 7:10発 8:45着 福岡ー那覇 10:00発 11:50着

那覇ー福岡 航空券代金 10800円 獲得プレミアムポイント1742ポイント PP単価約6.19円 2往復で6968ポイント獲得。

フライトをまとめると

初日 新千歳ー那覇ー福岡

二日目 福岡ー那覇ー成田ー那覇

最終日 那覇ー福岡ー那覇ー新千歳

となります。

以上が今回の修行の日程や獲得PP、PP単価なんかのお話しです。

正直初めてのSFC修行の予約と言う事でやや詰め込み過ぎた感も有ります。元日の乗継旅割・PP積算率75%、日帰りSFC初修行はこの後の予約でした。

www.kappanopointodo.net

こうして見ると那覇ー成田の路線ってお得ですね~。プレミアムクラスの快適なフライトでPP単価5.54円ですもんね。

また那覇ー福岡もPP単価も優秀で便数が多い為やる気になれば一日複数回往復可能です。

沖縄か福岡に在住の方には宿泊費無しで修行出来る高効率の路線かと思います。

新千歳ー那覇に関してはPP単価と言うよりは国内最長距離路線をプレミアムクラスで堪能出来ると言うメリット、そして札幌在住と言う事を活かして日程のラストフライトを那覇ー新千歳に出来ました。

この日程が良いんだか悪いんだか正直良く分かりませんが(笑)初心者が手探りで予約した結果としてはまあまあ良かったのかなと思います。

スポンサーリンク

 

プレミアムクラスと言えば機内食

旅の楽しみの中でも大きな割合を占めるのが「食」。旅行中に食べるお弁当って何故か旨いんですよね~。

2017年SFC修行を検討されて居る方で今まで一度もプレミアムクラスに搭乗した事が無い方も多いのでは無いのでしょうか。

そして私がマイル系ブログで勉強する際に散々見せつけられた「例のアレ」です(笑)

自分も8レグ8食分紹介します!

Premium GOZEN

一食目 新千歳ー那覇 10:40発 14:30着

f:id:kappanopointodo:20170114101523p:plain

 ・お品書

f:id:kappanopointodo:20170114111859p:plain

 二食目 那覇ー福岡 18:50発 20:30着

f:id:kappanopointodo:20170114111653p:plain

 お品書

f:id:kappanopointodo:20170114111747p:plain

 三食目 福岡ー那覇 9:10発 10:55着

f:id:kappanopointodo:20170114114047p:plain

Menu

f:id:kappanopointodo:20170114114217p:plain

四食目 那覇ー成田 11:55発 14:20着

f:id:kappanopointodo:20170114114700p:plain

 お品書

f:id:kappanopointodo:20170114114913p:plain

 五食目 成田ー那覇 18:15発 21:30着

f:id:kappanopointodo:20170114120509p:plain

 お品書

f:id:kappanopointodo:20170114120649p:plain

 あれ?そろそろ飽きて来ましたか?んふふ・・私もです(笑)

六食目 那覇ー福岡 7:10発 8:45着

f:id:kappanopointodo:20170114122528p:plain

 七食目 福岡ー那覇 10:00発 11:50着

f:id:kappanopointodo:20170114122946p:plain

八食目 那覇ー新千歳 13:05発 16:15着

こちらは13時から16:59発便に提供されるPremium SABOですね。クッキー・お菓子は食べきれず持ち帰りました。

f:id:kappanopointodo:20170114123255p:plain

 ・・・お気付きでしょうか。最終日はサンドイッチ三連発!サンドイッチ攻め!

まさに自業自得とはこの事ですね。

全ての食事は私には充分に美味しく(特に朝食帯に出るスープは美味しかった!)

量も機内で食べる分としては丁度良かったです。

またアルコール類やナッツやおかき等のおつまみも食べられるのでやっぱりプレミアムクラスは最高です。

当然座席も広々として快適。最前列はこんな感じで足を組んでも超広々です。

f:id:kappanopointodo:20170114125119p:plain

が・・しかし当たり前ですがプレミアムクラスの日程を詰め込みすぎては機内食にも飽きてきます。

贅沢な話ですけどね。特に最終日のサンドイッチ攻めは堪えました(笑)

最後便の出発が5分早く、13時丁度発ならPremium SABOでは無くてお昼帯の食事だったんだなーと後で気付きました。出来ればご飯が食べたかった・・。

そんな訳でプレミアムクラスを堪能するならもう少しゆったりとした修行日程にした方が良いですね。

せっかくの機内食を飽き気味に感じてしまうのももったいないですし。

プレミアムクラスならANAラウンジが利用可能

さて次にSFC修行においてプレミアムクラスを利用する大きなメリットが「ANAラウンジ」です。

f:id:kappanopointodo:20170114155208p:plain

一般的なクレジットカードのゴールド以上に付帯してる「カードラウンジ」無料特典では入室出来ないANA上級会員向けのラウンジです。

カードラウンジには無いANAラウンジのメリットとしては

・制限区域内に有る事が多く出発迄ゆったりくつろげる。

・ビールやお酒、おつまみ等が無料で提供されている。

・無料利用の条件ハードルが一段高い為カードラウンジと比較すると落ち着いた空間。

・コンセント付きの座席・シャワー等の設備が充実している場合が多い。

こんな所でしょうか。

f:id:kappanopointodo:20170114204021p:plain

*ANAラウンジで頂いたおかきとビール

ANAラウンジの無料利用の条件は

1・ANA上級会員ステータス(ブロンズ以外)

2・ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)

3・ミリオンマイラープログラム ラウンジアクセスカード

4・スターアライアンスゴールドメンバー

5・ANAカードプレミアムを所有

6・プレミアムクラスに搭乗

SFCの資格は一度取得してしまえば付帯するクレジットカードを解約しない限り一生続きますので、修行終了後に仮にプレミアムクラスに乗ら無くなってもANAラウンジを利用する事が出来ます。

今回の那覇ー成田往復でもそうでしたが修行目的のフライトは待機時間が長くなってしまう場合も有ります。

その際にANAのステータスを保持していない段階でのANAラウンジが利用出来るプレミアムクラスによる修行はメリットが大きいなと感じました。

プレミアムクラスなら専用カウンター・専用保安検査場が利用可能

f:id:kappanopointodo:20170114173941p:plain

良くチェックインカウンターや保安検査場付近にこんなマークが有るのを見かけた事は有りませんか?。

f:id:kappanopointodo:20170114174343p:plain

一般の保安検査場が混雑する中「謎の入口」から悠然と入って行く方々・・「さぞかし全員お金持ちのセレブなんだろうな・・自分には縁が無い

そんな風に思って居る方も多いかと思います。しかしそれは全然違います。SFCの資格さえ有ればエコノミークラス利用者でも入れる訳ですから。

上記のANAラウンジと同様にプレミアムクラス搭乗者で有れば利用出来ます。そして修行の結果としてSFCの資格を獲れば同様にプレミアムクラスに搭乗しなくてもこの特典のメリットが享受出来ます。

 プレミアムクラスは優先搭乗の対象

・「ダイヤモンドサービス」メンバー*
・「プラチナサービス」メンバー
・スーパーフライヤーズ会員
・スターアライアンスゴールド会員
・プレミアムクラスをご利用のお客様

* ご搭乗クラスにかかわらず「ダイヤモンドサービス」メンバーのお客様を優先してご案内いたします。

こちらも搭乗口で必ず聞くのでおなじみかと思います最初に「小さなお子様連れの~」ってアナウンスの奴ですね。こちらは事前改札。

次にANAステータス持ちの優先搭乗となります。

プレミアムクラス搭乗の場合は空間もゆったりしてますし席は最前列側なので優先搭乗は個人的にはそんなにメリットは感じませんでした。

むしろ最後に悠然と入るのも有り。

こちらはSFC取得後にエコノミーで乗る際に最大のメリットを発揮するのかなあと言う感じです。

一般搭乗の長蛇の列に並ばずゆったり搭乗出来て荷物を置くスペースも優先的に確保出来ますからね。

 SFC修行におけるプレミアムクラスのメリット・デメリット

 今回はプレミアム旅割28を利用して「プレミアムクラス」搭乗によるSFC修行を体験して来ました。

こうして上げてみるとメリットばっかりですね(笑)まあ高いお金を払っていますので旅割75等でのエコノミークラス修行より快適なのは当然と言えば当然ですが。

むしろプレミアムポイントの獲得・「SFC修行」とう言う名目が無いと私を含めて、一般の方は国内移動でこんな贅沢な座席には滅多に乗らないでしょうし。そう言う意味ではSFC修行は一生に一度の贅沢なのかもしれません。

プレミアム旅割28を上手に利用すればPP単価も大分抑えられますし。享受出来るメリットを考えると多少上がるコストも納得の範囲かと。

デメリットを強いて言うなら

プレミアムクラス搭乗におけるサービスって実は目的で有る「SFC」のメリットの前体験なんですよね。

SFCの資格を獲得すればエコノミークラスに乗ってもANAラウンジや優先搭乗、専用保安検査場等サービスが受けれます。

が、当たり前ですがプレミアムクラスの広い快適な座席と機内食は付いて来ません。

プレミアムクラスを乗りまくってSFCを無事に獲得した後、そのメリットを享受するには必然的にエコノミークラスに乗らないと駄目な訳です

しかしプレミアムクラスでSFCのメリットは前体験してるので・・SFCを獲得しても「あんまり嬉しくない」可能性が有ります(笑)・・・いや正確に言うと「嬉しいけどメリットを体感しづらい」って感じでしょうか。(特に国内線においては)

逆に敢えて全てエコノミークラスでSFC修行をして獲得すればめちゃくちゃメリットも感じられるし達成感も有るのではと思います。こっちの方が本当の意味での「修行」に近いですね(笑)

2回目のSFC修行を終えて

全てプレミアムクラスで修行してまとまったプレミアムポイントを獲得する。

この目的通り今回の旅で20000PP以上を獲得して累計も約25000PPまで到達しました。

目標のSFC獲得条件で有る50000PPの約半分ですね。ちょっとペースが速すぎるのでしょうか・・(笑)

まあ当初から「色んなパターンの修行」を経験しようと思っていたのでこれで良いのかな。

 次はもう少しゆったりと観光も楽しんでの修行プランにしようかと思います。

色々と計画を練るのも楽しいですしね。

それではまた!