かっぱのポイント道!

お得にポイントやクーポン・航空マイルを貯め飛行機に乗ったりホテルに泊まったりしています。日々様々なポイント獲得方法を模索しています。

アップルペイ始動!対応各社のキャンペーンも一斉にスタート・三井住友カードが激得

             

・注目のアップルペイがスタート

f:id:kappanopointodo:20160908083533j:plain

10/25日iPhone7に搭載されたおさいふ機能「アップルペイ」のサービスが正式にスタートしました。

それに合わせ対応クレジットカード会社も各社様々なキャンペーンを開始しております。

中でも「三井住友カード」のアップルペイ・電子マネーiDのキャンペーンが凄いです。

 

f:id:kappanopointodo:20161026042206p:plain

キャンペーン対象の三井住友カードによるアップルペイ・iD利用の実費「5000円」まで三井住友カードが負担。よくある利用額から10%還元とかでは無くピッタリ5000円でもOKです。

めちゃくちゃ太っ腹!

しかも対象の三井住友カードを持っていれば複数枚でもそれぞれVパスからエントリーすればキャンペーン対象です。

  • キャンペーンエントリーにはVpassID・パスワードが必要です。
  • 本キャンペーンは、本キャンペーンを共催している銀行・カード会社が主催するキャンペーンです。エントリーされた情報は適切な管理のもと本キャンペーンのお手続きに限り、弊社にて利用させていただきます。
  • 先着5万名は、VJA・オムニカード協会加盟会社のうち、本キャンペーンを共催している銀行・カード会社合計の人数となります。
  • 複数枚の弊社カードをお持ちの場合、それぞれのカードでVpassログインのうえ、エントリーが必要となります。
  • 本キャンペーンに同一カードで複数回エントリーされた場合は、最初のエントリー分のみが対象となります。なお、1枚のカードを複数のデバイスに設定された場合でも、上限金額は5,000円分までの負担となります。
  • エントリーの際は、メールアドレスのご登録が必要です。

つまり対象カードが2枚有れば1万円分、4枚有れば2万円分のiDによる買い物がただ!凄いです。

・先着5万名はエントリー順?・利用順?

さて気になるのはこのキャンペーン先着5万名との事何ですが「エントリー順なのか利用順なのか」って所です。

公式のキャンペーンページを見てもイマイチ分かり難いかったんですがキャンペーンの案内メールに

2016年12月31日までにエントリーいただいた
先着5万名様限定。

と有りましたのでエントリー順なのかな?と思いましたが・・この辺は問い合わせ無いと駄目ですね・・。取り敢えず対象の三井住友カードをお持ち方は急いでエントリーは済ませましょう。

・注意点!焦って使うと対象外期間有り!

「iD」マークのあるお店でご利用いただいたApple Payのご利用代金を5,000円まで負担します。

  • 本キャンペーンは、「iD」ご利用代金の5,000円分を上限としてエントリー後、約3ヵ月間弊社が負担(キャッシュバック)いたします。
    (毎月のお支払い日が26日の方は2016年10月25日(火)~10月31日(月)のご利用分はキャッシュバックの対象となりませんのでご注意ください。)
  • 「iD」のご利用代金が5,000円未満の場合、ご利用いただいた金額を上限として負担(キャッシュバック)いたします。
  • 負担(キャッシュバック)金額は、ご利用代金明細書またはWeb明細書に「iDバリュー(キャッシュバック)」として表示されます。

赤字の部分ですが「先着かも」って事で急いで使っても対象外のパターン有ります。三井住友カードは27日引き落としの方も多いかと思います。

こちらの場合どちらにせよエントリーして11月迄待たないといけませんね。

先着5万名 Apple Payの「iD」でのご利用を5,000円まで負担!|クレジットカードの三井住友VISAカード

・アップルペイ以外でも対象!

Apple Pay以外の「iD」利用代金も本キャンペーンの対象となります。

何とキャンペーンページ注意事項を良く見るとこんな表記が!これはAndroidユーザーにも嬉しいですね!

公式ページの表記間違いの可能もあります。確認次第追記・訂正いたします。

※デスクに確認した所・一度はアップルペイに登録し利用しないとキャンペーン対象外

アップルペイID1000円+カード型ID4000円の様なパターンはOKだそうです。

また先着5万名に関しては「エントリー順」との事です。ただ今回のオペレーターさんの回答が100%正しいか分かりません・・(誤案内は良く有る事なので)

どちらにしても公式のキャンペーンページが少し説明不足ですね。

JCBはエントリー不要・QUICPayで10%キャッシュバック、上限5000円迄

www.jcb.co.jp

JCBは10%キャッシュバックです。上限5000円迄ですのでQUICPayを5万円迄お得に利用出来ますね。

三井住友カードと違い「もれなく」もらえますのでキャンペーン期間内にゆっくりお買い物出来ますね。こちらも対象のJCBグループ発行のカードを複数枚お持ちで有れば全てキャンペーン対象となります。

注意点としてJCBブランドのマークでも「開放カード」と言われるカードはQUICPayが登録出来てもキャンペーン対象外です。例えば楽天カードJCBをお持ちの方はアップルペイのQUICPayを利用しても対象外です。

ソフトバンクカード

www.softbank.jp

ソフトバンクカードはソフトバンク契約者向けのVISAプリペイドと「おまかせチャージ」と言うクレジット機能が追加出来るハイブリッドなカードです。

若干ややこしいのですがおまかせチャージは通常のクレジットカードと同じ様に与信枠が設定されてワイジェイカード株式会社による審査が有ります。

f:id:kappanopointodo:20161026050655p:plain

ただプリペイド契約のみでもソフトバンクカードをお持ちの方は登録すると「直ぐ」に2000円分のチャージがプレゼントされますのでおまかせチャージ契約が面倒な方はこちらだけでも登録するのが絶対にお得ですね。

・dカード

www.nttdocomo.co.jp

・dカードのアップルペイキャンペーン内容は以下の通りです

ドコモはApple Payのサービス開始を記念し、本日から2017年1月31日までのキャンペーン期間中に、dカードでApple Payを合計1万円以上ご利用いただいたお客様の中から抽選で1,000名様に1万dポイントを進呈する総額1,000万円のキャンペーンを実施いたします。

抽選で1000名に1万ポイントですね・・他社と比べるとちょっと弱いですね。

ビューカード

www.jreast.co.jp

 

  • ビューカードApple Payにご登録いただき、対象期間中にApple PayでSuica関連(*1)のお支払い、またはQUICPayのお支払いで合計5,000円(税込)以上(*2)ご利用いただいた方全員に、ビューサンクスポイント400ポイント(1,000円分相当)をプレゼントいたします。
  • *1 Suicaチャージ、定期券購入、モバイルSuica特急券購入、Suicaグリーン券購入が対象です。
  • *2 Apple Payにご登録いただいたビューカード1枚あたりの金額が対象となります。
  • Visaブランドのビューカードは、QUICPay加盟店以外ではApple Payをご利用いただけません。(Suica関連の支払いを含む)
  • ビューカードのキャンペーンは上記の通りです。400ポイントは1000円相当ですが条件は5000円以上のSuicaQUICPay利用ですので20%還元と還元率はお得ですね。こちらも複数枚のビューカードをお持ちで有ればそれぞれキャンペーン対象となってます。

モバイルSuicaアプリ年会費無料

こちらはキャンペーンと言いますかAndroidモバイルSuicaビューカード以外ですと基本的に年会費1000円が掛かるんですが何とアップルペイのモバイルSuicaアプリは他社カードの登録も無料です・・いやはや凄い・・ってかAndroidも長年使ってる身としては何か・・ずるい・・。

・流石、iPhoneの影響力

しかしiPhoneにおさいふ機能が乗ったと言うだけで各社のキャンペーンも凄いですし、ネット上でもかなりの話題度ですね。

ずっとAndroid端末で「スマートフォンとおさいふ機能は相性抜群・便利だよ~」と言っても見向きもされ無かったので何か少しモヤモヤしますが(笑)やはりiPhoneの影響は凄いってところですね。

ただこれでおさいふ機能の利便性を知った方がAndroid端末にも興味持つ・逆にAndroidユーザーがiPhoneに乗り換えるきっかけになる、お店の電子マネー対応も増える、こんな感じの相互作用で電子マネー環境の利便性が高まって行けば良いですね。