読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かっぱのポイント道!

お得にポイントやクーポン・航空マイルを貯め飛行機に乗ったりホテルに泊まったりしています。日々様々なポイント獲得方法を模索しています。

ドコモdカードの「ゴールドの価値」を探る ポイントは年会費と特典のバランス

             

2015年11月より旧名称DCMXカードから衣替えした「ドコモdカード」ですが今回はその「dカードゴールド」の「ゴールド価値」について検証します。

 年会費

 

10,000円(税抜)
家族会員は1枚目まで年会費無料、2枚目以降1,000円(税抜)

追加カード

ETCカード:無料 家族カード:1枚目無料

電子マネー

カード型iD、おサイフケータイ(iD)

カードブランド

Visa/Master Card

ポイントサービス

ショッピングのご利用金額100円につき1ポイントがたまります。

ポイント交換先

JALのマイル(JALマイレージバンク)、商品券(VJAギフトカード)、iDキャッシュバック、素敵な商品に交換、ケータイの機種変更・付属品の購入、dマーケット・dショッピングでつかう。

カード保証

海外旅行保険最大1億円、国内旅行保険最大5,000万円、海外航空便遅延費用特約・家族特約、国内航空便遅延費用特約、dカード GOLDケータイ補償 最大10万円保証・補償期間3年、お買物あんしん保険 年間300万円まで

国内空港ラウンジ無料特典等一般的なゴールドカードの基本性能は備わっています。

ですがやはり年会費・10800円はちょっと・・と言う方も多いのでは無いでしょうか。

年会費分の価値は有るのか 要点を上げて行きます。

1・ゴールドケータイ補償・最大10万円・期間3年

2・ゴールドステージ優待・ドコモ利用料金(端末割賦代金等は除く)月1000円に付き100ポイント付与

3・ケータイご優待券プレゼント・初年度5000円・2年目以降カード100万円利用で1万円・200万利用で2万円分のクーポン券付与

まずゴールドケータイ補償についてですが通常の機種購入時に加入出来る「ケータイ補償サービス」との比較になります。

ケータイ補償サービスはiPhone6Sを例に取りますと 月額料金750円 自己負担額 11000円・年2回迄

水濡れ・全損・盗難・故障・破損・購入から一年間を超えた自然故障となります。

ゴールドケータイ補償は3年間の紛失・盗難・水没や破損による修理不能の場合のみ同一機種の機種変更の代金を10万円まで負担して貰えるものです。

通常ケータイ補償は修理可能な故障や破損でも比較的簡単にリフレッシュ品交換対応してくれますが月額750円(年間9000円)に自己負担11000円と結構なコストが掛かります。

ゴールドケータイ補償は修理可能の場合は補償が受けれませんが逆に言えば「補償対象」でさえ有れば機種変更対応ですので「完全な新品」が受け取れ年間9000円の負担も減りますね。

次にゴールドステージ優待・ドコモ利用料金10%還元ですがiPhone6S16G2700円カケホーダイ・データS3500円・SPモード300円の一般的な契約プランから月々サポート約2000円を引いたざっと4500円が対象です。さらに発行無料の家族カードもゴールドステージになりますのでご夫婦同プランなら月に450ポイント×2=900ポイント付与されます。年間10800ポイントになります。

最後にケータイご優待券プレゼントですが年間利用代金が100万円少し超え・200万少し超えで有ればそれぞれ1万円・2万円のクーポンが貰えますのでこれを現金と等価値とするならば利用1%+クーポン還元1%で約2%還元のゴールドカードと言える事も出来ます。(利用150万円とかですと実質還元率は下がりますが・・)

MNP優遇施策時代にシェアパック10Gや15G・カケホーダイプラン二年間無料回線を作ったので「利用代金ゼロだよ」なんて方もおられるかもですが来年あたり月々サポートも切れて利用料金も発生する頃合いでは無いでしょうか?

今後もドコモと契約するので有ればdカードゴールドの「ゴールド」の価値 

なかなか有ると言えるんでは無いでしょうか?