かっぱのポイント道!

お得にポイントやクーポン・航空マイルを貯め飛行機に乗ったりホテルに泊まったりしています。日々様々なポイント獲得方法を模索しています。

住信SBIネット銀行を簡単にランク3にする方法

             

住信SBIネット銀行は普段から自分も便利に利用しているネット銀行なのですが以前の7銀行ATM入出金無料・他銀行宛振り込み月3回無料からランク制が導入され「改悪」と評されました。

 

f:id:kappanopointodo:20160817092900p:plain

確かにランク1だとかなり「改悪」と感じますがランク3まで行ければATMはクレジットカード生活だとあまり頻繁に現金を出し入れしませんので7回も有れば充分。

他行振り込み手数料無料は7回とむしろ改善となります。

ランクの判定基準ですが

f:id:kappanopointodo:20160817093404p:plain

手軽さから言ってまずC月末残高300万D住宅ローンは除外します。

となるとEの中から3つですがまずSBIハイブリッド預金・外貨預金この2つは確定です。ハイブリッド預金はSBI証券の口座開設が必要ですが無料で簡単に開設出来ます。

SBIハイブリッド預金は、SBI証券と連携した円預金です。
SBIハイブリッド預金へ預入れたお金は、お客さまのSBI証券口座の買付余力に自動的に反映し、株式や投資信託、債券などの証券取引に利用できます。

外貨預金もハイブリッド預金も100円とか少額を預けっぱなしで大丈夫です。

最後3つ目は給与・年金を受給を受けている方でSBIが指定出来るならこれが手軽です。

無理な場合永年無料のSBIスターフライヤーカードこれは航空会社提携ですがSBIレギュラーカード扱いです。本家SBIレギュラーカードは年会費900円10万利用条件で翌年度無料ですからランク維持目的には不向き。

またカードローンはプレミアムコースの契約が出来れば50万の限度額でも金利7.490%と非常に優秀です。通常50万の限度額のカードローンは15%前後が一般的ですので「急な出費時、いざと言う時に小額のカードローンを一つは契約しておきたい」と言うような希望でしたら作るのも有りかと思います。

が基本的にはクレジットカードの作成と違い住宅ローンや様々な与信判断に響いて来ますので、安易な作成は避けた方が懸命です。

どちらも要審査なのでハードルは有ります。

そこが気になる方は若干ノルマ感が出ますが年会費無料のVISAデビットを作成し月1万円以上利用すればOK。

なおSBIゴールドカードを作成すれば2ランクアップで簡単にランク4に出来ポイントも付きますがあまりSBIカード自体とポイント制度が魅力的では無いので必要制は薄いです。

不満点は三井住友系のカードの引き落としに対応してない事ですかね

しかしながら、なかなか便利な銀行ですので検討の価値はあるかと思います。